HOME>レビュー>私立大学へ行かせた親の悩みは学費の他にも色々ある?

私立大学へ行かせた親の悩みは学費の他にも色々ある?

ノートとペン

私立大学の学費問題が解決したら、今度は生活が心配になってしまいます。実家暮らしや初めての一人暮らしに挑む人もいるでしょう。問題が起こってしまっても適切な対処法を知っておけば大丈夫です。

レビュー

やっぱり仕送りが大変ですね。どうしても高くなるので・・・[50代]

娘を県外の私立大学に通わせています。アパートを借りて一人暮らしをしており、学費の他に、家賃や光熱費、食費などもかかり、仕送り額は毎月10万円以上になります。その他、大学で使う細々とした教材など、お金のかからないものはありません。本人もアルバイトをしていますが、大学に通いながらとなると、遊び代ぐらいしか稼げないようです。4年間の事なので、頑張って仕送りをしてやるつもりですが、自分自身のお小遣いは、かなりカットされてしまいました。また、女の子なので、親の目の届かない場所に一人で住まわせることに不安はあります。急に自由を手にいれて、羽目を外していないかなど、妻が娘とマメに連絡を取り合い、確認してくれています。

息子が県外で顔を見れないのが不安ですが、学費免除を受けているので金額面は助かってます。[60代]

息子が県外の私立大学に通い、一人暮らしをしています。学費免除を受けているため、金銭的にはそれほど負担は大きくありませんが、毎日顔を見られないのが心配です。家では全く料理したことがなかったため、コンビニ弁当やレトルト食品ばかり食べているのではと、食生活の乱れで、体調を崩すのではなど、別の心配もあります。また、1人暮らしというのは、何かと風紀が乱れてしまう事もあるので、悪い友達のたまり場にされたり、女の子と同棲したりしないかなど、いらぬ憶測も働かせてしまいます。子供は元気に巣立って行ったのに、自分は子離れができていないという証拠かもしれません。夏休みや冬休みに、帰省して、元気な姿を見せてくれるのだけが楽しみです。