変形性膝関節症に必要な栄養素で健康改善|体元気で生活を楽にしよう

ゴマに含まれる成分とは

黒ゴマ

強い抗酸化作用

セサミンは、胡麻に多く含まれる栄養成分の一つで、強い抗酸化作用を持つことが知られています。抗酸化作用は、体の細胞にダメージを与える活性酸素の増加を防ぐ働きがあります。活性酸素は、体内にとり入れられた空気が変化してできたものです。通常は、侵入してきたウィルスや細菌を抑制する働きをしますが、何らかの原因で増加すると反対に細胞を酸化させサビさせてしまいます。細胞がサビることにより老化現象が加速してしまいます。セサミンは、老化現象を防止することでアンチエイジングにも効果を発揮するのです。また、セサミンは悪玉コレステロールの増殖を防ぐ働きもあり、血行を改善し脳の動脈硬化の予防や改善にも効果が期待できます。

必要量を摂取するには

セサミンは、体に吸収されたあと肝臓に運ばれ、そこで効果を発揮することができます。抗酸化作用を持つ成分の多くは水溶性のものが多く、肝臓に届く前に血液に溶け出してしまいます。そのため、体内で十分に働くことができないものがほとんどです。セサミンなら確実に肝臓まで届き肝機能を向上させる働きもします。これは、アルコールの代謝を良くし二日酔いを予防する働きを高めます。セサミンを有効に体に摂取させるにはサプリメントが効果的です。セサミンは、ゴマ1粒におよそ1%しか含まれないゴマグリナンという成分の一つで、必要量をゴマで摂るには難しい問題です。サプリメントなら、ゴマを大量に食べなくても数粒飲めば十分な量のセサミンを摂取することができます。