HOME>オススメ情報>私立大学進学の際には知っておきたい!気になる学費のこと

私立大学進学の際には知っておきたい!気になる学費のこと

勉強

国立大学ではどの程度の学費が必要か

大学受験を控えている子供のいる家庭では、大学生活を満喫してもらいたい反面、正直なところ学費がどれくらいかかるのか心配している親は多いでしょう。できれば、学費が安い国立大学に入学してくれればありがたいものです。それでは、国立大学では実際のところどれくらいの学費が必要でしょう。まず最初にかかってくるのが入学金です。入学金は約30万円といったところです。そして、一年間にかかってくる学費は約50万円になります。これが国立大学入学後にかかってくる費用です。これくらいの金額で大学で子供に勉強してもらえるのであれば、親としては何とかなると考えるでしょう。私立大学に比べてみると、相当リーズナブルな料金設定になっています。

学生

私立大学の学費もチェックしよう

国立大学の学費はかなりリーズナブルな設定になっていますが、その一方で私立大学の場合は、どれくらいの学費がかかるでしょう。入学金については国立大学と同じぐらいの金額で約25万円といったところです。気になる学費に関しては、文系の場合で約80万円程度になります。この費用以外にも必要経費として教材費が発生したり、その他諸経費があったりします。こうしてみてみると、子供が大学に入学して勉強するということは、相当な費用がかかってくることがわかります。子供の将来への投資という感じでしょう。学費だけを比べてしまうと、当然国立大学の方が断然に安くなりますので、親としては何とか国立大学に入ってもらいたいという気持ちは強いかもしれませんが、私立大学入学を検討しているのであれば、きちんと4年間の総額費用は確認しておきましょう。