HOME>オススメ情報>学部によっても大きな差がある!私立大学や国立大学の学費

学部によっても大きな差がある!私立大学や国立大学の学費

ウーマン

文系は学費が比較的安い?

私立大学への進学において避けられない問題の1つが学費です。もちろん、大学は将来やりたいこと、学びたいことを考えて選ぶのが大切ですがいざ入学してから学費が払えないとなっては大変です。私立大学の入学金はだいたい30万円前後であり、年間の授業料は100万円前後になっています。ただ、文系と理系では授業料に差があることに注意が必要です。やはり、複雑な実験設備が用意されている理系の方が高額になります。年間120万円前後になることも考えられます。理系の中でも獣医学科やパイロット養成学科などは卒業までにトータルで1000万円以上かかることも珍しくありません。奨学金など何らかの補助を利用することの重要性が高くなります。

レディ

医学系は高額になる傾向がある

大学の中でも特に学費が高いとして知られているのが医学部です。私立大学の医学部では入学金が200万円に迫ることも珍しくありません。授業料は200万円から400万円ほどであり、6年間のトータルの費用は4000万円を超えるケースもあります。医学部ほどではありませんが、薬学部も6年間で1100万円から1200万円程度かかるので一般的な私立大学よりは高額です。歯学部に至っては4300万円ほどになることもあり、平均学費は医学部よりも高くなります。医学部は医者を育成する学部であるため、生涯賃金を考えると取り戻せる可能性が高いです。しかし、必ずしも医学部に進学したからといって医師として活躍できるとは限らず、それは個々の努力によるところも大きいです。